メインコンテンツにスキップ

アメリカ Broadridge Financial Solutions社

プライベートクラウド・テクノロジーにより拡張性と柔軟性を提供

Broadridge社は、銀行、ブローカー・ディーラー、資産管理会社、企業発行体に、コミュニケーションとテクノロジー主導の投資家向けソリューションを提供する、業界をリードするソリューション・プロバイダーです。 50年を超える(そのうちの10年以上は独立した公開企業として)実績を持つBroadridge社は、金融サービス業界を強化する重要なインフラストラクチャーを提供しています。 また同社は、18か国で11,000人のフルタイム社員を擁しています。

お客様課題

Broadridge Financial Solutions, Inc. 社は、金融業界向けの革新的な新しいソリューションを開発し、グローバルに展開するために、自社の重要なプロセスをプライベートクラウド環境で強化することを決定しました。

変革

Broadridge社は、Kyndryl™(旧IBMインフラストラクチャー・サービス)と提携し、重要な日時プロセスを、IBM iSeriesクラウド・テクノロジーを基にした柔軟で拡張性のある プラットフォームに移行しました。 チームは、顧客に影響を与えることなく、通常必要とされる時間の3分の1で移行を完了しました。また、日々の数兆米ドル規模の取引の処理時間を、20%から30%短縮しました。

結果

処理時間を 20% から 30% 短縮: 日々のバッチ処理の完了までの時間を短縮

マイグレーションが 80% 高速化:9 カ月から 12 カ月かかっていたマイグレーションが 7 週間で終了

拡張性: オンデマンドで拡張できる、安全性の高い堅固なプラットフォームを構築

ダウンタイムがあってはいけない場合

1日6兆米ドルの取引を処理する企業にとって、ダウンタイムは決して許されるものではありません。 毎日、ニューヨーク証券取引所での取引のかなりの割合が、Broadridge 社の Fixed Income Platform (23 社の大手株式仲買業者のうち 18 社が使用する株式ベースの取引システム) を介して処理されています。 Broadridge 社の IT 担当副社長 (VP) である Scott Anderson 氏は、次のように述べています。「これがウォール街です。 私たちがウォール街です。」 当社は、絶対にシステム停止を起こしてはなりません。 それが Broadridge の経営のあり方です。 当社のシステムは市場にあまりにも大きな影響を及ぼすため、停止の余地はありません。」

Broadridge 社は、ADP Brokerage Services Group から Automatic Data Processing が分社化する形で設立されました。 そのため、同社のレガシーはデータ処理にあります。しかし、金融の世界が進化し続けるなか、同社は、新しい革新的なソリューションを開発することにより、市場に対応したいと考えました。

まず、同社は、最新の手法を実装することで、自社の既存のグローバル市場向けソリューションのセキュリティー、信頼性、一貫性を確保することを希望しました。 Broadridge 社はまた、ヨーロッパ、アジア、中南米でビジネスを拡大するために、拡張性と管理を向上させたいと考えました。

次に、同社は、「イノベーションの ABCD」(「A」は AI とロボット工学、「B」はブロックチェーン・ソリューション、「C」はクラウド、「D」はデジタルの頭文字) を活用した、新しい革新的なソリューションを開発したいと考えました。 Broadridge 社の最高情報責任者 (CIO) である Mark Schlesinger 氏は、次のように述べています。「Broadridge の次のステップは、 これらの ABCD を実際に活用することで、これらの新しいテクノロジーが実際に変化をもたらし、Broadridge を差別化し、当社のお客様の差別化に役立つことを実証することです。」 財務的な観点から、当社の目標は 2023 年までに収益を 2 倍にすることです。」

Broadridge 社は、新しいソリューションを拡大するために、自社のコア・インフラストラクチャーをさらにモダナイズし、業界の取引量に応じて変動する日々の処理とストレージの需要に先んじて対応する必要がありました。 「何年も前、テクノロジーは、常に構築、取得、保護、測定する必要があるものであったため、当社のビジネスを阻害するものでした」と Anderson 氏は言います。 「しかし、私たちは、テクノロジーをお客様が既に使用可能なものとして考える必要があります。 そうすることで、当社は、お客様が今日の課題に先んじて対応し、コミュニケーション、テクノロジー、データ、分析の次の段階を活用できるよう本当の意味で支援することができます。」

「当社は 40 億米ドルの収益を上げる企業ですが、当社のモデルの市場は現在の何倍もの収益を生み出します。 まだ積み上げていない収益がそれだけあるということです。 私は、当社がそれをすべて手に入れると期待しています」 と Anderson 氏は言います。

「業界が絶えず変化するなか、Broadridge は常に革新的なソリューションを提供しています。[Kyndryl] は、確実に当社の変革の支えとなっています。」

Mark Schlesinger 氏 Broadridge Financial Services, Inc.社、最高情報責任者

基盤からローンチパッドまで

Broadridge社は、自社の将来の位置付けのために、Fixed Income Platformをより柔軟で動的なインフラストラクチャーに移行することを決定しました。 しかし、継続的に使用可能でなければならない基幹業務アプリケーションを実行するこのような大規模なアーキテクチャーの場合、この決定は大きな賭けでした。

同社の既存のシステムは、内蔵ディスクを持つスーパースカラー対称型マルチプロセッサーを備えた強力なサーバーを使用していました。 このアーキテクチャーは、共有されたリソース全体ではなく、各サーバー内でデータを処理するように設計されていました。 同社は、プライベートクラウドの作成に役立つ、柔軟で拡張性の高いストレージ・エリア・ネットワーク (SAN) に移行することを望んでいました。 これは、すべてのデータと処理を新しいハードウェアに移行する必要があることを意味しました。 Anderson 氏は言います。「すべてをハイブリット形式でインストールし、稼働させ、接続し、移行する必要があるという事実は、非常に大きなものでした。 そして、そのすべてを、ダウンタイムを発生させることなく、4 カ月で実行しなければなりませんでした。」

Broadridge 社は、柔軟な設計と確固たる信頼性を備えたグローバル・ソリューションを開発するためのパートナーとして、Kyndryl を選択しました。 プロセスは現在の状態の評価から始まり、Kyndrylは、チームがBroadridge社のアプリケーションをロードするベンチマークセンターを設立しました。

Broadridge 社は、柔軟な設計と確固たる信頼性を備えたグローバル・ソリューションを開発するためのパートナーとして、Kyndryl を選択しました。 プロセスは現在の状態の評価から始まり、Kyndrylは、チームがBroadridge社のアプリケーションをロードするベンチマークセンターを設立しました。また、IBM iSeriesクラウドテクノロジーの専用インスタンスに基づくプラットフォーム上に実動負荷を再作成しました。 これは、この新しい拡張性の高いアーキテクチャーが、必要なパフォーマンスを発揮できることを示しました。 それが実証されると、チームは、新しいプラットフォームを構築するだけでなく、プラットフォームの構築中にそのプラットフォームの動作確認を行うプロジェクトを設計して 立ち上げました。 プラットフォームが完成し、その検証が済むと、Kyndryl と Broadridge 社は、新しいインフラストラクチャーへの既存のシステムの移行を開始しました。 攻めのスケジュールでしたが、サービスが中断されないようにするために、チームは 7 回の週末に移行を分割して行いました。

移行は、スケジュールが遅れることなく、ダウンタイムが一切発生することなく行われました。

「お客様には当社の変更についてお知らせしましたが、それらの変更がお客様に影響を及ぼすことはありませんでした。 お客様の誰 1 人にも影響を及ぼすことなく、この規模の変更を行えたことを、大変誇りに思います」と Anderson 氏は言います。

 

革新的なビジョンを備えた信頼性の高いサービス

Kyndryl は、互換性と安定性を確保する移行を設計するよう支援しました。 「最初にディスクを移動してからIBM [iSeries] プライベートクラウドで設計するアーキテクチャーを開発した場合、この機器のすべてをサイド・バイ・サイドでインストールし、レガシー・リストアを実行する必要がありました」と Anderson 氏は言います。 「その場合、データベースのサイズが大きくなるため、何週末もかけてテストする必要がありました。 当社は、9 カ月から 1 年かかるところを、7 回の週末で完了することができました。」

新しいプラットフォームの高い処理能力により、夜間のバッチ・プロセスの処理時間が以前よりも20%から30%短縮されました。 「最大の繁忙日でも、プロセッサは問題なくそれを処理できます。」

とAnderson氏は述べています。

Broadridge社は、クラウド・プラットフォームにより、重要で大容量の自社の顧客対応エンゲージメント・システムの多くを提供できるようになりました。 また、顧客をより迅速にオンボーディングできるようになり、世界中の新しい顧客にビジネスを拡大するための拡張性を得ることができました。 Anderson 氏は、次のように述べています。「お客様には、当社が [Kyndryl] を利用していることを歓迎していただいています。 [Kyndryl] が何年にもわたって当社と連携してきたパートナーであり、当社と共に自社のサービスを拡大し続けている企業であることを、お客様はわかってくださっています。 当社の [Kyndryl] との関係の強さと、[Kyndryl] との距離の近さは、誰にも負けません。 当社が支援を求めれば、[Kyndryl] は応えてくれます。」

Broadridge 社は、新しいクラウド・プラットフォームに加えて、Red Hat Enterprise Linux ソフトウェアを使用して、自社の顧客と、その顧客の顧客にソリューションを提供しています。 「Red Hatは、私のプライベートと、当社のパブリッククラウド・イニシアチブの両方のための、管理しやすく安全で移植性のあるオペレーティング・システムを提供します」と Schlesinger 氏は言います。

現在、Broadridge 社は、テクノロジーの需要に立ち向かうことができており、新しいソリューションの革新により焦点を移しています。 「規模や信頼性について心配する時間がかなり減りました。今は、ビジネス・チームと連携して強化されたビジネス・ソリューションを提供することに、より重点を置いています」と Schlesinger 氏は言います。 Kyndryl はイノベーションのパートナーでもあるのです。

「Kyndryl は日々の堅実なサービスを提供するだけでなく、当社のビジネスに前向きな考え方、知的資本をもたらし、当社が革新的なソリューションをさらに提供できるよう支援してくれています」と Schlesinger 氏は言います。

同氏は続けます。「業界が絶えず変化するなか、Broadridge は常に革新的なソリューションを提供しています。[Kyndryl] は、確実に当社の変革の支えとなっています。」