メインコンテンツにスキップ
ハイブリッドクラウド戦略でビジネスを推進
That's progress in action.
The Heart of Progress
The Heart of Progress

メインフレーム・モダナイゼーション・レポート2023年

キンドリルはメインフレームの変革とアプリケーションのモダナイゼーションについての考え方を知るために、500人のビジネスリーダーを対象に聞き取り調査を実施しました。

詳しくはこちら

信頼できるパートナーとともにデジタル変革における課題を解決

デジタル変革を進める上で、企業のITインフラストラクチャーをモダナイズする必要がありますが、一方で全てをクラウド移行できるほど単純ではありません。

複雑なデジタル変革を実現し、ビジネスの結果を出すには、信頼できるパートナーが必要です。

キンドリルではモダナイゼーションに向けて、お客様のこれまでの投資状況を把握し、お客様がデジタル変革のどのフェーズにいても、それに対応するハイブリッドアプローチを採用します。 数十年にわたる経験やアプライアンス・パートナー・ネットワーク、そして実証済みの自動化戦略を活用し、デジタル変革の実現までの時間短縮を支援します。

信頼できるパートナーとともにデジタル変革における課題を解決

デジタル変革を進める上で、企業のITインフラストラクチャーをモダナイズする必要がありますが、一方で全てをクラウド移行できるほど単純ではありません。

複雑なデジタル変革を管理し、事業の結果を出すには、信頼できるパートナーが必要です。

キンドリルではモダナイゼーションに向けて、お客様のこれまでの投資状況を把握し、お客様がデジタル変革のどのフェーズにいても、それに対応するハイブリッドアプローチを採用します。 数十年にわたる経験やアプライアンス・パートナー・ネットワーク、そして実績豊富な自動化戦略を活用し、デジタル変革の実現までの時間短縮を支援します。

モダナイゼーションが求められる理由
01
テクノロジーの老朽化は、効率性や変化するビジネス条件に迅速に対応する能力にもマイナスの影響を与えます。
ビジネスとマーケットプレイスの要件に役立つ、高速かつ機動力のあるIT環境で競争力を向上させます。
02
レガシーシステムとネットワークは、コストが高く、複雑なうえ、モダナイズするのが困難です。
新しいソリューションを統合しながら、既存のテクノロジー投資の価値を最大化するハイブリッド アプローチで時間とコストを節約します。
03
最新のエンタープライズアプリは、成長の支えとなる一方で、コンテナ化と分散化を促進し、遅延の影響を受けやすくなっています。
アプリケーションとデータをクラウドへ移動し、セキュリティー、コンプライアンス、プライバシーを向上させることでパフォーマンスを最適化します。

キンドリルの強み

01
経験豊富な熟練の人材

信頼

キンドリルの誇る長年の実績と「セキュリティ・バイ・デザイン」の伝統、これこそが最も機密性の高いデータの取り扱いにおいてもお客様に信頼される理由です。

経験

キンドリルには複雑なIT環境を運用してきた30年以上の経験があります。

熟練

ミッションクリティカルなシステムの運用で実践的な専門知識と広範な資格を持つ技術専門家がいます。

02
テクノロジー/ 知的財産/ソリューション

データとAI

キンドリルのデータソリューションは、分析、AI、機械学習から導き出され、膨大な量のIT運用データに適用されます。

市場をリードする知的財産

キンドリルの知的財産は、異種環境に広がるキンドリルのサービス提供で具現化されます。

オーケストレーション –

適切なテクノロジーパートナーとのベンダーニュートラルなアライアンスを活用して、適切なソリューションを提供します。

03
戦略的なパートナーエコシステム

戦略的アライアンス

キンドリルでは (Microsoft, Google Cloud, AWS) などのハイパースケーラーと連携します。また、先進的なテクノロジープロバイダーとの協業を行っています。

ベンダーニュートラル

キンドリルのパートナーエコシステム は、お客様のビジネスに最も適したテクノロジーを柔軟に選択、または継続的に使用できるようにします。


お客様事例
カルフールベルギー

カルフールベルギーの本社地下にある400台のサーバーを、キンドリルのクラウドデータセンターへ移行することで、一箇所に集中した最新の運用環境を実現する支援をしました。
ロッテカード

キンドリルはロッテカードが金融システムの移行と管理にコンテナベースのクラウド戦略を採用できるよう支援しました。その結果、お客様のワークロード処理量が4倍に増加しました。
お客様の要件に対応するケイパビリティ
アプリケーションとインフラストラクチャーのモダナイズ
アプリケーションとインフラストラクチャーのモダナイズ

アプリケーションとインフラストラクチャーをより効率的、迅速、即応性をもって変革することで、ビジネスをモダナイズします。

詳細はこちら

メインフレームをモダナイズ
メインフレームをモダナイズ

メインフレームの変革とアプリケーションのモダナイゼーションは、「適切なプラットフォームでの適切なワークロード」アプローチに基づいて行われます。

詳細はこちら

データの最新化
データの最新化

アプリケーション、クラウド、エッジコンピューティング全体でデータを活用し、より迅速に洞察を得ることでAIの活用、デジタル変革を実現するための基盤を構築します。

詳細はこちら

よくあるご質問(FAQ)

 

 

現在の運用モデルが不十分であること、現在の急速に変化する市場において脆弱なまま放置されていることを認識することによって、業務の最新化の準備を整えることが出来ます。

事業部門は業務の最新化、コストの抑制、企業内サイロの課題を解決することで、データの洞察に基づいて意思決定を行えるようになります。 これにより、イノベーションは加速され、ビジネスのレジリエンシーに加え、価値実現までの時間を短縮できます。

フォレスターレポートを読む >

IT環境のモダナイゼーションを検討している場合、以下の4つのアプローチがビジネスの変革と成長に役立ち、メインフレームを最大限に活用できます。

  1. ハイブリッドアプローチを検討する多くの組織がメインフレームに留まるか、移行するかという単一のアプローチに固執せず、これらのアプローチを組み合わせたハイブリッドモデルを採用しています。
  2. セキュリティとレジリエンシーにフォーカスしてモダナイゼーション、メインフレームとの統合、メインフレームからの移行などのいずれを選択する場合でも、メインフレームは複雑な事業運営のハブとして機能することが多いため、セキュリティが最大の懸念事項となります。
  3. 現状維持にこだわらないメインフレームのモダナイゼーションを進めることで得られるコストメリットは多大です。 全体として、企業はメインフレームのモダナイゼーションプロジェクトのおかげで9%~11%のコスト削減を実現しています。
  4. 経験豊富なメインフレームのモダナイゼーションの専門技術者と連携することで、企業がメインフレームをモダナイゼーションする取り組みのどのフェーズにあっても、熟練したITコンサルタントのいる第三者アドバイザーと連携し、スキルギャップを補い、複雑なIT変革を進めるために必要な深い専門知識と経験をご提供します。

もっと読む >

企業が抱える課題はそれぞれ異なりますが、ITモダナイゼーションの取り組みが成功しないのには、いくつか共通する理由があります。

  • 単純化したクラウド移行:コスト削減、運用上のアジリティ、ビジネスの成長に合わせた拡張性、というメリットを得ながら、コンピューター、ストレージ、アクセス、セキュリティのニーズをすべて容易に統合できる手段です。 しかし、クラウドへの移行は簡単に成し遂げられるものではありません。 特にプロジェクトのスケジュールに遅れが生じた場合、移行コストやダウンタイム、移行作業、そして不測の事態などが次々と発生してしまいます。
  • 変更が多い:平均的な会社で一度に実行できるデジタル変革イニシアチブは最大で10個で、人材、対応力、リソースなどによりその状況は変わります。 また、なにか問題が発生してしまうと、その問題の検出や診断に数日かかり、それがダウンタイムや障害を招き、1時間あたり数十万ドルにもおよぶ損失を生んでしまいます。
  • 変化が速い:企業全体の技術スタックを対象としたモダナイゼーションにおいて重要なのは、スピードではなく、ビジネスが利益を得ることです。 スピードを重視するよりも、適切に実行するほうがはるかに重要であり、これは自社のワークロードにおいてプロセスを中心に据えることへとつながります。
  • 従来の課題:デジタルファーストの経済に向けたモダナイゼーションにおいて最も難しい課題の一つが、レガシーシステムの統合です。 それぞれの時代で構築され、複雑にサイロ化されたレガシーシステムは、コストの観点からもITモダナイゼーションの大きな壁になります。

もっと読む >

ご質問/ご相談はこちら