メインコンテンツにスキップ

アプリケーション・サービス

キンドリルのアプリケーション、データ、AIについてのグローバル・プラクティス・リーダーであるNicolas Sekkakiが、エンタープライズ・アプリケーション、データ、AI管理に関する彼の見解を共有しています

キンドリルは、ベスト・プラクティスの卓越性に対してFrost&Sullivan社からEnabling Technology Leadership Awardを受賞しました

詳細を読む

重要なビジネス・アプリケーションを最新化、移行、保護、および管理するための総合的なサービスを備えた主要なクラウドでERPシステムの価値を最大限に引き出します

エンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)のワークロードは、急速にクラウドに移行しています。キンドリルは、AWS、Google Cloud、IBM Cloud、Microsoft Azure、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)上でのSAPとOracleアプリーション・ワークロードのパフォーマンスを管理し、セキュリティーを確保し、最適化するための幅広いサービス、ソリューション、テクノロジーを提供します

 

フロスト&サリバンのWebセミナーを見る ->

シンプルなアプリケーション管理プロセス

パフォーマンスと可用性を保ちながら、エンタープライズ・アプリケーション実行・管理における煩雑さを軽減します。

エンド・ツー・エンドのサービス

キンドリルの専門知識を活用して、マルチクラウド環境全体で複雑なハイブリッド・アーキテクチャーとシステムを簡素化して管理します

重要なERPシステム向けの信頼性の高いセキュリティーとビジネス回復力に関するサービス

データを安全に保ち、Kyndryl for SAPおよびOracleon Cloudの主要なセキュリティーー・サービスによるサイバー攻撃を回避します

モダナイゼーションと移行サービス

アプリケーションをモダナイズしながら、エコシステム内で統合と最適化も進めます。プラットフォームのリスクを軽減しながら、新製品の開発方法、新しいスキルの構築方法、コストの管理方法を変革します。システムが、最適化され、回復力があり、安全でスケーラブルなインフラストラクチャーによってサポートされていることを確認します。

AWS、Azure、Google Cloud、またはIBM Cloud上のSAPアプリケーション・サービスとS/4HANA

組織は、サービス提供のニーズをサポートしながら、コストと複雑さを軽減するための柔軟で構成可能なSAPアプリケーション・サービスを求めています。SAP向けのキンドリ

ル・サービスは、SAPアプリケーションをより費用効果が高く、拡張が容易で安全な方法で実行するように設計されています。

AWS、Azure、IBM Cloud、またはOCI上のOracleアプリケーション・サービス

キンドリルは、Amazon AWS、IBM Cloud、MicrosoftAzure、およびOracle Cloud Infrastructure(OCI)でのOracleアプリケーション・ワークロードのパフォーマンスを管理し、セキュリティーを確保し、最適化するための幅広いサービス、ソリューション、およびテクノロジーを提供します。

カスタマーストーリー

Dilip Buildcon Limited

コストを削減して、7米ドルを提供年間100万ドルの節約

私たちが最も得意とすることにテクノロジーを導入するという私たちの夢を実現し、さらに、この分野で最高のグローバル・プレーヤーである[Kyndryl]とSAPと提携できたことは、私に満足と誇りを与えてくれています」。

—Devendra Jain氏、常務取締役兼CEO、Dilip Buildcon社

Mitsubishi Motors Australia社

災害復旧時の運用で予測されるダウンタイムを80% 削減

「データは、古いシステムから新しいシステムへ実際にスムーズにマイグレーションできました。しかも、業務を中断することなく行えました。」

—Mark Tiddy氏、最高情報責任者、Mitsubishi Motors Australia社

Mondi Group

エンドユーザーが利用するアプリケーションのパフォーマンスを20%アップさせ、運用効率を向上します。

「これまで10年以上SAPシステムのサポートはキンドリルのマネージド・サービスにお任せしてきましたが、期待を裏切られたことはありません。」

— Rainer Steffl氏、CIO、Mondi Group

リソース

30分無料の相談セッション

キンドリルのデータセンター・サービスがビジネスとテクノロジーの可能性をどのように引き出せるか、ぜひご相談ください。