メインコンテンツにスキップ

セキュリティ&レジリエンシー

統合されたサイバーレジリエンスのアプローチにより、事業継続のためのサイバー・レジリエンス・フレームワークを包括的にサポートします

サイバー攻撃への準備はどの程度できていますか? 専門家の支援を確保することにより、サイバーレジリエンス態勢を強化し、サイバーインシデントの影響を最小限に抑えます.

サイバーリカバリーサポートを見る

サイバーレジリエンスの成熟度を評価してベンチマークし、脅威と脆弱性を可視化する

最近のパンデミックにより、サイバーレジリエンスの概念はこれまでになく強化されました。 ハイブリッドの業務モデルへの絶え間ない移行、頻繁なマルウェア攻撃に直面するITネットワーク、より高度になる脅威の状況において、セキュアでレジリエントなビジネスを実現する必要性が急速に経営層レベルの義務となってきています。 組織はサイバー脅威からビジネスを保護するだけでなく、中断に直面した際の事業継続とリカバリーを確保する必要があります。

キンドリルのセキュリティ&レジリエンシーサービスは、サイバーレジリエンスをより広範なITと運用の戦略に組み込み、包括的なサポートを行います。

キンドリルのサイバーレジリエンスの枠組みにより、急速に展開する運用リスクの管理、ビジネス上重要なインフラストラクチャーの防御から復旧まで、インシデントがビジネスへ与える影響の軽減を可能にします。

以下の多様なソリューションのポートフォリオを使用して、事業継続のためのサイバーレジリエンスを実現

特定

セキュリティ・アシュアランス・サービスで、リスクを特定してコンプライアンスを推進
 

詳細をみる ->

防御

ゼロトラストサービスで重要なビジネスデータとアプリケーションを守る

 

詳細を見る ->

撃退

SOCサービスでセキュリティインシデントの素早い解決を図る
   

詳細を見る ->

復旧

インシデント・リカバリー・サービスで影響範囲の拡大を防ぎ、プロセスとデータを回復

 

詳細を見る ->

キンドリルはAvasant社によるCybersecurity Services 2022 RadarViewレポートでリーダーに選出されました
予測
セキュリティ・アシュアランス・サービス

 

セキュリティ・アシュアランス・サービスにより、レジリエンスの成熟度を評価してベンチマークし、重要な脅威と脆弱性を可視化するとともに、コンプライアンスを管理します。 ビジネスリスクを定量化し、実行できる脅威インテリジェンスを運用化して、セキュリティリスクを迅速に軽減します。

防御
ゼロトラストサービス
 

ゼロトラストフレームワークを使用して、高セキュリティのインフラストラクチャーでビジネス上重要なデータとアプリケーションを保護します。 暗黙の信頼によるユーザー、アプリケーション、インフラストラクチャーからのアクセスを排除し、厳格なアクセス認証からのみを有効にすることにより、悪意ある内部関係者の脅威と外部からの高度な攻撃の両方を食い止めます。

撃退
セキュリティ・オペレーション&レスポンスサービス

 

人、プロセス、テクノロジーを結集し、高度な持続的サイバー脅威が業務に損害を与える前に検知、調査、対応し、AIを活用した機能強化によりセキュリティ運用チームの効率を向上させます。

復旧
インシデント・リカバリー・サービス

 

ハイブリッド、マルチクラウド環境全体の重要なビジネスプロセスとデータの迅速で簡素化された信頼できるリカバリーにより、サイバー障害の影響を軽減して、インシデント後の数分以内に、通常のビジネス運用を復旧させます。

撃退
キンドリル統合セキュリティ・オペレーション・センター・サービス(日本限定)

 

多様化・高度化するサイバー攻撃。企業/組織の担当者だけでセキュリティアラートを監視するのは厳しいのが実情です。当サービスはお客様IT環境への攻撃状況を監視し、有事の際の検知・分析、対応策のアドバイスを行う事で、お客様のセキュリティリスクを軽減します。

グローバル展開

世界中に配置された7,500人以上の専門家が、地理的に分散した環境と国ごとの規制要件に対応しています。

災害復旧オーケストレーション

900以上のリカバリー自動化パターンのある、インテリジェントな自動化とオーケストレーションを使用して、価値実現と信頼性の高い復旧までの時間を短縮します。

ベンダーにとらわれないアプローチ

非常に幅広いソリューションとテクノロジーに対応し、新しいものをサポートしながら、既存の投資を再利用します。

お客様事例

参考情報

キンドリルのエキスパートとの30分の戦略セッションに申し込む

エキスパートによる無料のセッションで、お客様のビジネスとテクノロジーの潜在的な価値をどのように引き出せるのか、ご相談ください。