キンドリルジャパン株式会社(以下、キンドリル)は2022年11月11日、任意団体「work with Pride(ワーク・ウィズ・プライド 以下、wwP)」(※1)が策定した「PRIDE指標2022」において、ゴールドを受賞しました。
 

キンドリルは企業パーパスを「チームの力で、社会成長の礎となるシステムを進化させる」とし、選ばれるテクノロジー・サービス・カンパニーとなることをミッションに掲げています。そのための行動指針としてThe Kyndryl Wayを定めています。全社員がThe Kyndryl Wayを実感・体現できるよう、互いの多様性を受け入れ、一人一人が個の力を最大限に発揮し、イノベーションに繋がる職場環境の整備に今後とも努めてまいります。
 

キンドリルは、インクルージョン、ダイバーシティ&エクイティー(ID&E)にも積極的に取り組んでいます。起業当初から全社でグローバル・ネットワークである「Kyndryl Inclusion Networks」(KINs)を発足しており、LGBTQ+、女性、障がい者/ニューロダイバーシティー、黒人、ヒスパニックのメンバーが、エクゼクティブ・スポンサーと共にローカルコミュニティーの活動を推進しています。日本でも、LGBTQ+アライ・コミュニティーがいち早く活動を始め、wwPでレインボー認定を受けることを、活動目標の1つとしていました。
 

今回の受賞に、日本でのLGBTQ+アライ・コミュニティーのエグゼクティブ・スポンサーである製造営業本部 理事 塩見寛行は次のようにコメントしています。「キンドリルがPRIDE指標2022においてゴールドを受賞できたことを大変嬉しく思います。KINsのアライメンバーと勉強会やイベントを行い、社員とエンゲージメントを図りながら一緒にLGBTQ+ に関する理解を深め活動しています。会社設立当初は2名だったアライですが、多くの方に賛同をいただき、現在56名となっています。今後も社員の皆さん一人一人が自分らしさを発揮し、活き活きと働きやすい会社を目指して活動していきます」

以上

 

キンドリル(Kyndryl Holdings, Inc.)について
キンドリル(NYSE: KD)は、60カ国以上で数千にのぼる企業のお客様にサービスを提供する世界最大級のITインフラストラクチャーサービスプロバイダーであり、世界中の企業が日々の業務で利用する複雑かつミッションクリティカルな情報システムを設計、構築、管理、モダナイズしています。詳細については、www.kyndryl.com  またはwww.kyndryl.com/jp/jaをご覧ください。
 

※1「work with Pride」について
企業などの団体において、LGBTQ+、すなわちレズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーなどの性的マイノリティに関するダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を支援する任意団体です。


「PRIDE指標」について
wwPは、2016年に日本初の職場におけるLGBTQ+などのセクシュアル・マイノリティ(以下、LGBTQ+)への取組みの評価指標「PRIDE指標」を策定。本指標はLGBTの人々が誇りをもって働ける職場の実現を目指して、以下5つの評価指標によって構成されています。

1. Policy (行動宣言)
2. Representation (当事者コミュニティ)
3. Inspiration (啓発活動)
4. Development (人事制度・プログラム)
5. Engagement/Empowerment (社会貢献・渉外活動)
出典:work with Pride PRIDE指標