メインコンテンツにスキップ

KOBELCOグループの DX戦略を共に推進する パートナーシップを確立

2022年4月21日

㈱神戸製鋼所(代表取締役社長 山口貢、以下 神戸製鋼所)、日本アイ・ビー・エム㈱(代表取締役社長 山口明夫、以下 日本IBM)、キンドリルジャパン㈱(代表取締役社長 上坂貴志、以下 キンドリル)は、2022年2月に、KOBELCOグループのIT分野における業務のアウトソーシングについて、2027年までの更新契約を締結しました。

また、同3社および、神戸製鋼所と日本IBMの出資会社であるコベルコシステム㈱(代表取締役社長 瀬川文宏、以下 コベルコシステム)の4社は、KOBELCOグループのDX戦略を共に推進するための新たなパートナーシップを確立しました。

 

1.今回のパートナーシップ確立について
2001年より、神戸製鋼所と日本IBMは、神戸製鋼所のIT分野の強化・費用削減を意図した戦略的アウトソーシングを開始し、以降、20年間契約更新を重ねてパートナーシップを築いてきました。

今回の新たなパートナーシップ確立により、4社はKOBELCOグループの業務改革や事業貢献のためのDXの推進とともに、ITに関する長期的な安定維持や継続的な費用の最適化と、ITの高度化、および継続的な人材の育成と技術交流を目指して協力して参ります。

 

2.KOBELCOグループのDX戦略について
KOBELCOグループは、2021年度から3カ年の中期経営計画を策定し、「安定収益基盤の確立」と「カーボンニュートラルへの挑戦」を最重要課題としています。これらの実現に向けて経営基盤の強化を図る中、DX戦略としては2050年を見据えたカーボンニュートラルの実現をはじめとする社会課題をお客様と解決する製品並びにソリューションのプロバイダーを目指すことを基本方針とし、徹底的なデジタル化(RPA・IoT・AI等)による革新的な生産性向上に加え、多様な事業を営むKOBELCOグループが保有する多種多様な特徴ある資産を活かした新しい価値の探索を進めています。

(ご参考:KOBELCO Digital Transformation(DX)戦略

     https://www.kobelco.co.jp/about_kobelco/outline/dx/index.html

 

今後、4社は情報システムの最新化や運用管理の高度化を進め、安心・安全で品質の高いシステム構築や運用と、ITコストの最適化を図り、KOBELCOグループのお客様に対して、DXによる高い価値を提供できるよう取り組んで参ります。

 

3.各社の概要などについて

(1)日本IBM

先進的なハイブリッドクラウドやAIソリューションの提供等の技術的な支援による神戸製鋼所のITシステムの円滑な保守に取り組んできました。また、各業界に精通したコンサルタントが神戸製鋼所のIT部門の要員と共創し、DXの方針を定める活動にも取り組み、お客様の企業変革やDXを支援しています。

 

(2)キンドリル

IBMのマネージド・インフラストラクチャー・サービス事業の分社化により、2021年9月から業務を開始しました。複雑かつミッションクリティカルなITインフラを設計、構築、管理、モダナイズしてきた豊富な知見やスキルを持ち、国内外の多くのお客様のシステム運用を支えています。今回のパートナーシップにより、DX戦略を実行するために最重要となるシステム運用のさらなる高度化や最適化を推進し、DXによる企業競争力の向上を支援するとともに、神戸製鋼所の基幹システム運用の安心・安全・安定に向けてより一層取り組んでいきます。

 

(3)コベルコシステム

KOBELCOグループのIT機能分担会社として、アプリケーション、インフラ両面でのシステム企画・設計・構築・運用を通じ、今回のパートナーシップの目的実現に貢献していきます。また、神戸製鋼所から受け継いだ「ものづくりや品質へのこだわり」と、日本IBMが持つ「優れたテクノロジーやノウハウ」を融合させ、今後も国内製造業を中心とした様々なお客様のニーズに応えていきます。

 

・IBM、ibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。現時点での IBM の商標リストについては、https://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml(US) をご覧ください。