メインコンテンツにスキップ

キンドリルジャパン、株式会社化を完了

2022年2月1日

【2022年2月1日】キンドリルジャパン株式会社(以下キンドリル)は本日、合同会社から株式会社に組織変更を行いましたのでお知らせいたします。

組織変更後の正式名称は以下の通りです。

  • キンドリルジャパン株式会社(Kyndryl Japan KK)

キンドリルは、「社会成長の生命線TM(The Heart of ProgressTM)」を掲げ、安心・安全・安定稼働を支援する高品質かつ高度化したITインフラの実現を目指し、積極的に取り組んでいます。

2022年、キンドリルは真価・芯化を追求する一年として、シンプルで働きやすい組織に変革し、成長領域へ選択と集中を図りより大きな成果を求めていきます。これは、グローバルでキンドリルが掲げる「Flatter, Faster, and Focused」に共鳴するものです。キンドリルは、グローバルに最適な製品・サービスを統合し、ITインフラストラクチャのモダナイゼーションを推進するインフラストラクチャ・サービスを通して、お客様のデジタル変革、クラウドへのシフトを促進し、支援して参ります。

以上

Kyndrylについて(Kyndryl Holdings, Inc.)

Kyndryl(NY証券取引所:KD)は、世界中の企業が日々の業務で利用する、複雑かつミッションクリティカルな情報システムを設計、構築、管理するITインフラサービスプロバイダーです。Kyndrylは、世界で約9万人のプロフェッショナルを擁し、60カ国以上でフォーチュン100の75%に相当する企業を含む4,000社超のお客様にサービスを提供しています。詳細については、www.kyndryl.com/jp/ja をご覧ください。

*KyndrylはIBMのマネージド・インフラストラクチャ・サービス事業の分社化により、2021年9月から業務を開始しました。