メインコンテンツにスキップ

「Shinka」(真価、芯化)を追求する年

2022年1月4日

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

旧年中は弊社設立にあたり格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
おかげさまで昨秋 9 月 1 日からキンドリルとして事業を開始、11 月 4 日に Kyndryl Inc. がニューヨーク証券取引所に上場し、エコシステムの拡大など独立した企業としての取り組みを始めることができました。この会社設立の志を胸に刻み、今後へつなげるため 12 月には苗木を東京都八王子市の長池公園に植樹するなど、弊社が企業理念として掲げる 「社会成長の生命線」 を体現するイベントやさまざまな活動を積極的に行いました。

2022 年は本当の意味でキンドリル元年であり 「Shinka」 を追求する年であると考えています。この Shinka には二つの思いを込めています。

まず「真価」。キンドリルジャパン・グループの真の価値であり、お客様がご期待される、安心・安全・安定のシステム運用、卓越した技術、案件ごとに最適なソリューションを提供できるエコシステム、そして熟練の人材に磨きをかけていきます。

次に「芯化」。弊社はさまざまな企業・組織や社会のミッション・クリティカルなシステムの担い手として、また、お客様がデジタル変革(DX)を推進するうえで最も大切なインフラストラクチャーのパートナーとして、「芯」にいる存在・価値ある存在となれるよう、全社一丸となって取り組んでまいります。

本年も弊社への倍旧のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

令和四年 初春
キンドリルジャパン合同会社
社長 上坂 貴志