メインコンテンツにスキップ

Red Hat Ansible Automation Platformは、キンドリルのインフラストラクチャー・サービス向けの主要な企業向けIT自動化ソリューションを提供し、組織のビジネス・パフォーマンスを強化 キンドリルはRed Hat Ansible Automation Platform向けの自動化サービスの主要プロバイダー

[米国マサチューセッツ州ボストン – Red Hat Summit – 2022年5月10日(現地時間)発] – オープンソース・ソリューションのRed Hatと、世界最大級のITインフラストラクチャーサービスプロバイダーであるキンドリル(NYSE:KD)は本日、戦略的パートナーシップを結んだことを発表しました。このパートナーシップは、お客様がオープンで差別化された自動化テクノロジーおよびマネージドサービスを利用し、中核的なビジネス・アプリケーションとITインフラストラクチャーをモダナイズする一方で、スケーラブルな企業運営、より高い回復力、そして高度なセキュリティー機能を実現できるように支援します。Red Hatとキンドリルは共同で、Red Hat Ansible Automation Platformを基盤にした統合型のサービスおよびソリューションを提供する予定です。これにより、企業のデータセンターからエッジおよびパブリッククラウド全体に至るまでの重要なワークロードを自動化します。

このコラボレーションにより、Red Hat Ansible Automation Platformは、キンドリルのインフラストラクチャー・サービス全体にわたる企業向けの主要な自動化ソリューションとなり、キンドリルは、Ansible Automation Platformの主要なサービス・プロバイダーとなります。現在キンドリルは、Ansible Automation Platformの最大規模のグローバル・ユーザーとして、全世界で数千万件に及ぶ自動化を実施し、50万を超えるカスタマー・エンドポイントを管理しています。キンドリルは、Red Hatとの共同のエンジニアリング業務を通じて自社の自動化アーキテクチャーをさらに拡張し、サービス・チーム全体のストレージおよびネットワーク自動化機能の拡張を図る予定です。

さらに、キンドリルとRed Hatは、Ansible Innovation Centerを設立し、ソリューションを共同開発するとともに、インフラストラクチャー・レベルからクラウドおよびエッジに至るまでのIT運用およびサービスを自動化することによって、お客様がハイブリッドクラウドへの変革を実現できるように支援します。これには、Ansible Automation Platformとキンドリルのインフラストラクチャー・サービスを基盤として共同開発されたプレイブック、イネーブルメント、およびサポートが含まれます。

キンドリルのグローバル・アライアンスおよびパートナーシップ部門リーダーである、ステファン・レナード(Stephen Leonard)は、次のように述べています。「キンドリルの主要なインフラストラクチャー・サービスと、Red Hatの業界をリードするオープン・ハイブリッドクラウド・テクノロジーとの統合を拡大することにより、私たちは連携を緊密にし、今まで以上にシームレスなカスタマー・エクスペリエンスをもたらすサービスやテクノロジーを効果的に提供できるようになります。当社はRed Hatと協力して、お客様がオープンなマルチクラウド・ソリューションを通じて真のビジネス・アジリティーを実現できるよう支援したいと思います」

Red HatのPartner Ecosystem Success担当シニア・バイス・プレジデント、ステファニー・チラス(Stefanie Chiras)氏は、次のように述べています。「今日のお客様は、オンプレミスのデータセンターからパブリックおよびプライベートクラウドにわたり、ますます多様化し複雑化しているIT環境の中で事業を運営しています。自動化ソリューションおよびマネージドサービスは、お客様が今日のハイブリッド・マルチクラウド環境を効果的に拡張し、管理する上で極めて重要です。Red Hatとキンドリルのコラボレーションは、自動化とマネージドサービスを統合し、インフラストラクチャー、ネットワーク、およびクラウド運用全体にわたってお客様をサポートします。手作業によるIT運用の負担を軽減し、将来への成長を後押しします」

キンドリルとRed Hatは、すでに全世界で900件近くのお客様を共同でサポートしています。アイルランド共和国のエネルギーおよびサービス・サプライヤーであるBord Gais Energyのような企業に協力し、企業が先進的な自動化およびマネージドサービスとRed Hat Ansible Automation Platformとの組み合わせによって利益を得られるように支援しています。その結果、Bord Gaisはサービス品質の改善、コスト削減、監査およびコンプライアンス要件への準拠を実現しました。また、より低炭素の未来へと移行しつつあるお客様ニーズの変化に適切に対応して、より的確にニーズを満たすことが可能になりました。

Bord Gais Energyのサービスおよびインフラストラクチャー部門長、アンディー・ネイソン(Andy Nason)氏は、次のように述べています。「世界規模のパンデミックによってもたらされた課題に対処するためのマニュアルはありません。目まぐるしく変化するビジネス要求と、初日からの即時対応力が必要とされる切迫した需要が生じることとなりました。私たちは、混乱を最小限に抑えて信頼できるサービス・レベルを確保する必要がありましたが、キンドリルのサービス・チームとRed Hat Ansible Automation Platformがそれを可能にしてくれました。キンドリルとRed Hatが開発した動的な自動化ツールおよび環境により、事前に反復作業が解消され、イベント事故対応および解決が自動化されました。また、お客様に確実に満足していただくための業務改善を絶えず実行できるようになりました」

販売、デリバリー、およびセールス・エンジニアリング部門全体にわたるRed Hatの幅広いポートフォリオのサポートを強化するために、キンドリルのサービス担当者は、主に自動化とコンテナーに重点を置いて、これまでに5,000件を超えるRed Hat認定および適格性認定を成し遂げています。

お客様に優れたサービスを提供するために提携しているキンドリルRed Hatの詳細については、各リンク先をご覧ください。

以上

 

キンドリル(Kyndryl Holdings, Inc.)について

キンドリル(NY証取:KD)は、世界中の企業が日々の業務で利用する、複雑かつミッションクリティカルな情報システムを設計、構築、管理するITインフラプロバイダーです。キンドリルは、世界で約9万人のプロフェッショナルを擁し、60カ国以上でフォーチュン100の75%に相当する企業を含む4,000社超のお客様にサービスを提供しています。詳細については、www.kyndryl.comをご覧ください。

Red Hatについて

エンタープライズ向けオープンソースソフトウェア・ソリューションのプロバイダーとして世界をリードするRed Hatは、コミュニティとの協業により高い信頼性と性能を備えるLinux、ハイブリッドクラウド、コンテナ、Kubernetesなどのテクノロジーを提供しています。お客様の新規および既存のITアプリケーションの統合、クラウドネイティブ・アプリケーションの開発、業界をリードする当社のオペレーティング・システムによる標準化、および複雑な環境の自動化/セキュリティ確保/管理をお手伝いします。受賞歴を誇るサポート、トレーニング、およびコンサルティング・サービスにより、Red Hatはフォーチュン500企業に対する信頼すべきアドバイザリーとなっています。クラウドプロバイダー、システムインテグレーター、アプリケーションベンダー、お客様、およびオープンソース・コミュニティの戦略的パートナーとして、デジタルの未来に備えるための準備を支援します。

Red Hatの将来の見通しに関する記述
ここに記載されている過去の事実に関する情報および論述を除き、本プレスリリースに含まれている記述は、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)が定める定義の範囲内における「将来の見通しに関する記述」に相当するものである場合があります。将来の見通しに関する記述は、将来の事業および業績に関する同社の現時点での想定に基づいています。これらの記述には、さまざまなリスク、不確定要素、およびその他の変動要因が伴っており、それらのために実際の結果がここに記載された見通しとは著しく異なったものになる可能性があります。本プレスリリースの将来の見通しに関する記述は、いずれもそれが公表された時点におけるものにすぎません。法律によって義務付けられている場合を除き、同社は将来の見通しに関するいかなる記述についてもその更新または訂正を行う義務は一切負いません。

Red Hat、Red Hatロゴ、Ansible、およびOpenShiftは、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。