メインコンテンツにスキップ

キンドリルジャパン行動計画

策定日:2022年 1月 1 日
計画期間:2022年 1月 1日~2024年 3月 31日

女性活躍 行動計画

女性の職業生活における活躍の推進に関する法律第8条に基づき、次のとおり行動計画を策定します。

キンドリルでは、性別や年齢に関係なく、誰もが自分らしく能力を発揮できる環境づくりを進め、多様な人材が柔軟性のある働き方でプロフェッショナルとしてのキャリア形成を目指していきます。

 数値目標(2024年3月末までの目標値 ()内は 2021年末時点)   

 

  • 女性社員の割合            27.5%   (25.0%)
  • 女性管理職の割合        20.0%   (17.6%)
  • 女性役員の割合            20.0%   (18.8%)

 

計画 1.女性社員比率の更なる向上

取組内容: 女性社員向けの研修実施と外部採用の活性化

2022 年 1 月~ 階層別キャリア研修の実施 / 採用における積極的な人材の確保
2023 年 1 月~ 定期的な定着率の把握  

計画 2.フレキシブルワークスタイルの実現

取組内容 : ひとりひとりの働き方をサポートするよう人事制度を見直し、柔軟性の高い働き方を実現

2022年1月~8月 制度見直し 
2022年9月~   新制度の導入
2023年1月~   定期的な効果測定と更なる見直しの検討

ワークライフ支援 行動計画

次世代育成支援対策推進法に基づき、次のとおり行動計画を策定します。

<計画1>

育児休業・育児休暇の取得推進

所属長向け育児休職
休暇説明会の実施
男性社員向け育児セミナーの実施

<計画2>

フレキシブルワークスタイルの実現による仕事と家庭の両立の支援

一人ひとりの働き方をサポートするようなワークスタイルを実現できるような制度の策定

<計画3>

社内コミュニティーを形成し、子育てや家庭との両立について情報や課題を共有

先輩社員によるキャリアと子育ての両立座談会の開催
社内SNSで育児や介護などとの両立に関する情報共有

私たちは人こそが価値の会社として、お客様と社会への提供価値を最大化します。そのためにキンドリルジャパンはひとりひとりが自分らしく働くことができ、組織としての力を最大限発揮できる環境を築いていきます。