メインコンテンツにスキップ

サイバー・リカバリー・サービス

レジリエンシー・オーケストレーションによるアプローチで迅速な復旧を行い、サイバー攻撃がビジネスにもたらす影響を最小限にとどめます。

サイバー攻撃への準備はどの程度できていますか? 専門家の支援を確保することにより、サイバーレジリエンス態勢を強化し、サイバーインシデントの影響を最小限に抑えます

サイバーリカバリーサポートを見る

データ漏えいの世界平均総コストは424万米ドル*

デジタル変革とハイパー・コンバージェンスにより、リスク、脆弱性、攻撃、障害への意図しないゲートウェイが生成される中で、サイバー・レジリエンシー戦略の策定は急務です。 サイバー・レジリエンシー戦略を策定することで、お客様のビジネスのリスクや財務上の影響、ブランド・イメージ毀損の軽減に役立ちます。

 

キンドリルのサイバー・レジリエンシーのベスト・プラクティスや高度なテクノロジー、専門知識はこれらのリスクからお客様を守ります。ビジネス上の重要なアプリケーションやデータを保護し、データ侵害や同様の中断からの迅速な復旧を支援します。 キンドリルのサイバー・レジリエンシー・サービスは、エア・ギャップ保護、イミュータブル(変更不可能な)ストレージ、異常検出などの技術を使用してプラットフォーム構成とアプリケーション・データを保護する一方、災害復旧(DR)サイトでの迅速かつ信頼性の高い復旧を実現します。

レジリエンシーとサイバー・リカバリーの概要を読む

  *出典:Cost of a Data Breach Report 2021。

 

高速かつ高信頼

サイト・レベルでのイベントのアラートを受け取り、迅速にリカバリーします。

管理の容易性

単一のコンソールにより、混在するテクノロジー全体の監視と制御を簡素化します。

充実したセキュリティー機能

自動化とエア・ギャップのデータは、検知と復旧の両方を高速化するうえで役立ちます。

イミュータブル・ストレージ

アプリケーション・データとプラットフォーム構成の破損を防止する、変更不可能なWrite Once Read Many(WORM:書き込み1回、読み取り複数回)ストレージを提供します。

エアギャップ保護

ネットワーク分離によって、保護されたバックアップ・データを格納したストレージから、本番環境を分離します。

データ保護を構成

スナップ・ショットの自動検証およびAIベースの異常検出は、データを確実に保護し、回復可能な状態を維持するのに役立ちます。

サイバー・セキュリティーとリカバリーのフレームワーク

識別リスクと脆弱性

ビジネスに重要なアプリケーションとそれに関連するリスクを特定したうえで、システムや業務の中断による潜在的な影響を分析して、事業継続と災害復旧への備えを評価します。

重要なアプリケーションとデータを保護

エアギャップ・データ保護とイミュータブル・ストレージ・テクノロジーにより、ビジネスに重要なアプリケーションとデータを保護します。

データ破損と構成異常を検出

テストの自動化と、バックアップされたデータの検証によってシステム構成ファイルの変更を素早く検出して、迅速に問題に対処し、ダウンタイムを削減します。

無許可の構成とデータ変更に対応

未解決の脆弱性やRPOとRTOからのずれをリアルタイムで可視化するダッシュボードを使用して、構成やデータに加えられた不正な変更に対処します。

アプリケーションとデータへのアクセスをリカバリー

基幹業務のビジネス・アプリケーションの再作成、エア・ギャップによるバックアップからのデータの復旧、そしてITシステムのサイバー・インシデントからの確実な復旧を実現します。

30分無料の相談セッション

サイバー・リカバリーが、ビジネスとテクノロジーの可能性をどのように引き出せるか、ぜひご相談ください。