メインコンテンツにスキップ

Resiliency Orchestration Managed サービス

ハイブリッド、マルチクラウド環境全体でワークロードをより適切に保護するために、ディザスターリカバリーを簡素化および自動化します。

組織化および自動化された回復力でビジネスの継続性を実現

今日の組織は、乱れを一切許容しません。 しかし、ハイブリッドなマルチクラウドインフラを採用することは、障害や計画外のダウンタイムのリスクを増大させる無数の複雑な要素を伴います。 その結果 企業は収益が減り、評判の低下に直面します。 実際には、データ漏えいの世界的な平均総コストは435万米ドル*です。

Resiliency Orchestration Managedサービスは、お客様の回復力とディザスタリカバリ(DR)戦略を最適化し、リスクを積極的に軽減しながら可用性と効率、事業継続性を向上させる支援をします。 お客様の重要なアプリケーションやデータを、復旧時間やデータ損失をほぼゼロにして復旧できるよう支援します。

Kyndrylは、インテリジェントな自動化により、データ保護とディザスタリカバリのワークフローを変革し、複雑なハイブリッド環境において完全なDRライフサイクル管理とサイバー・インシデント・リカバリのオーケストレーションを可能にします。

*出典 : Ponemon Institute社およびIBM Securityによる2022年データ侵害のコストに関する調査レポート。

デモを見る ->

ITリカバリ時間を最小限に抑える

フェイルオーバーの自動化により、リカバリの問題を特定し、お客様の事業で設定されたRTOとRPOを満たすのに役立つレポートとリアルタイムの洞察を使用して、ITディザスタリカバリを向上させます。

ビジネスへの悪影響を削減

エアギャップ保護や不変ストレージなどの技術を用いたサイバー・インシデント・リカバリ機能により、データの露出を抑え、サイバー攻撃から迅速に回復することができます。

クラウドのメリットを活用

マルチクラウド環境における内蔵の複製ブロック機能により、スピードの向上とリカバリコストの最適化を実現します。

スピード

Resiliency Orchestration Managedは、ディザスタリカバリの自動化とテストにより、プロビジョニング時間を数時間から数日に短縮し、RTO(復旧時間目標)とRPO(復旧時点目標)を短縮することを可能にします。

規模

Resiliency orchestration managedプラットフォームは、リアルタイムのプロビジョニング、監視、検証、テスト、レポート作成のための単一管理ダッシュボードを提供し、複数のデータセンターにわたって拡張し、異種環境をサポートします。

簡易性

幅広い専門知識の必要性を減らし、エンタープライズ・アプリケーションの多層復旧の導入と管理のプロセスを大幅に容易にする、アプリケーション認識型アプローチを採用しています

「災害への備えがどの程度あるかと尋ねられたなら、私たちはいつでも準備できています、と答えます」。

— インド国立証券取引所 最高技術責任者(CTO)GM Shenoy氏

関連情報
561609539

お問い合わせ

キンドリルのエキスパートとお客様の課題に合わせて打ち合わせをさせていただき、お客様のビジネスとテクノロジーの潜在的な価値を最大限に引き出すお手伝いをいたします。