メインコンテンツにスキップ

デンマークSimCorp社

標準化された自動構成が、クラウド・ベースのフィンテックのアプリケーションの始動を支援

E1971年にコペンハーゲンで設立されたSimCorp社は、資産運用会社向けの最先端のソフトウェアを開発しています。 主力製品であるSimCorp Dimensionは、世界中の170を超えるクライアントに使用されています。 毎日16,000人以上がSimCorp Dimensionを使用しており、このプラットフォームは19兆米ドルを超える資産管理に役立っています。 SimCorp社は1,800人以上を雇用しており、その全員が投資業界に一流のソフトウェアとサービスを提供することに専念しています。

お客様課題

SimCorp A/Sは、主力の資産管理ソフトウェアであるSimCorp Dimensionを使用して、大手投資会社の運用をサポートしています。 同社の顧客は、ソフトウェアを自分で管理する必要がないように、ソフトウェアをサービスとして提供されることを求め始めました。

ソリューション

SimCorp社の主力ソフトウェア製品であるSimCorp Dimensionは、世界中の投資会社をサポートしています。 SimCorpは、もっと幅広いクライアントにエンド・ツー・エンドのサービスを提供するというアイデアに駆り立てられ、クラウド・ベースのサービスとしてSimCorp Dimensionの提供を開始したいと考えていました。 Kyndryl™(旧IBMインフラストラクチャー・サービス)は、そのビジョンの実現をお手伝いしました。

結果

オンボーディングを大きく加速するプラットフォーム上に新しいクライアントを確立するために必要な時間を短縮して実現します

標準化された費用効果の高い構成を提案SimCorp社とそのお客様の両方のニーズを満たします

継続的な成長をサポートコンプライアンスと信頼性のために設計された拡張性が高く協調的なソリューションを利用します

魅力的な機会

SimCorp社は、投資運用企業に高品質のソフトウェアを提供することを目的として、1971年に設立されました。 今日、世界中のクライアントは、同社の主力製品であるSimCorp Dimensionを利用して投資ポートフォリオを管理しています。 しかし最近、SimCorp社の幹部は、従来のソフトウェアモデルからサービスとしてのソフトウェア(SaaS)モデルへの 切り替えに関心のあるクライアントからの要望に対応し始めました。

SimCorp社は、いくつかの理由でこのアイデアに興味をそそられました。 第一に、SaaSモデルに移行することで、同社はクライアントに包括的なアプリケーション管理ソリューションを提供できるようになります。 第二に、大規模でコストのかかるオンプレミス・ソフトウェア・ソリューションの代替手段を提供することで、SimCorp社は新しいカテゴリーのクライアント、つまり、ITスタックを管理するためのリソースを自社では持っていない中小企業にアピールできるようになりました。

この新しいソフトウェア配信モデルが上手くいくためには、コンプライアンスと可用性の両方を考慮して設計する必要があります。 金融業界はセキュリティの面で非常に厳格であり、

SimCorp社とそのクライアントにとって、業務上実施されるすべてが確実に現在の規制に準拠していることが重要です。 SimCorp社のクライアントの多くは毎日当局にデータを配信する必要がありますので、可用性も重要です。 また、SimCorp社のクライアントは世界中に広がっているため、ダウンタイムを最小限に抑える必要があります。

パートナーシップの構築

SimCorp Dimensionをサービスとして提供することに決定したことを受けて、SimCorpは、ソリューションにとって適切なインフラストラクチャーとサービスを提供できるテクノロジー企業との協力を求めました。 SimCorp社のグローバル・オペレーション・マネージャーのPernille Kjærgaard Dahlberg氏は、チームが取った方法についてこう説明します。すなわち、「ベンダーとクライアントの関係ではなく、パートナーシップを持つことが重要でした。パートナーシップは同じことを望むからです。 私たちが[Kyndryl]を選んだのは、[Kyndryl]がマネージド・インフラストラクチャーの提供に非常に優れていたからです。 これで私たちは、アプリケーションとビジネスにさらに集中できるようになります」とのことです。

KyndrylとSimCorp社は共同で、標準化され、自動化され、フル・マネージドなサービスを設計し、数カ月かけてビジョンを構築しました。 その結果、SimCorp社は、IBM Cloud®上でフル・マネージドなアプリケーションとしてSimCorp Dimension as a Serviceというソリューションを提供しています。

このソリューションには、IBM Cloud for VMware Solutionsのほか、IBM Cloudプラットフォーム上のOracle、Citrix、Zertoなどのフル・マネージドなITスタックが備えられています。 安全なデータ要素は、アムステルダム、フランクフルト、ワシントン、ダラスのデータセンターでホストされており、災害発生時の迅速な復旧のためにミラーリングされています。

現在、このソリューションは、ますます多くのクライアントに対して完全に機能しています。 SimCorp社とKyndrylは、新しいSimCorp Dimension as a Serviceのクライアントをスムーズにオンボードできます。 「[Kyndryl]と連携することで得られるメリットの1つは、非常に高速な実装、Infrastructure as a service (IaaS)での非常に高速な配信です。 その一部は、Kyndrylの適切に実装されたプロセスのフレームワークです。これにより、毎回同じ方法でサービスを提供できます」と、Dahlberg氏は語ります。

新しいクライアントが現れ、実行すると、SimCorp Dimension as a Serviceにより、インフラストラクチャー、拡張可能性、コンプライアンス、またはセキュリティーについて考えることなく、ソフトウェアを使用できるようになります。 SimCorp社の製品部門担当バイス・プレジデントのChristoffer de Maré氏は、次のように述べます。「私たちは、ビジネスのしやすさを生み出し、セルフサービスのポータルで利用できるようにし、可能な限り自動化することだけを考えています。 できる限り多くのことをクライアントに提供することがすべてです」。

「私たちが[キンドリル]を選んだのは、マネージド・インフラストラクチャーの提供に非常に優れていたからです。 これで私たちは、アプリケーションとビジネスにさらに集中できるようになります」とのことです。
- Pernille Kjærgaard Dahlberg氏
グローバル・オペレーション・マネージャー, SimCorp A/S

簡単で費用効果が高い

SimCorp Dimension as a Serviceの人気が高まるにつれ、新しいクライアントが参加できるシームレス性が、KyndrylチームとSimCorpチームにとって大きなメリットとして浮上しています。 これまで、新しい顧客関係を確立するには、先方のサイトでハードウェアとソフトウェアの両方をインストールして構成する必要がありました。 SimCorp社のDimension as a ServiceとIBM Cloudを使用すると、そのプロセスも不要になり、時間も1週間以内に 収まります。

また、このソリューションは、SimCorp社が必要とするすべての機能を簡単で費用効果の高い構成で提供します。 「クラウド・セットアップの周りの2つのスタックを使用してすべてを行うことができ、料金は実際に使用した場合にのみ支払います。 これはコストを抑えるのに役立ちます」と、de Maré氏は説明します。 「しかし、もっと重要なことは、自動化、販売サービス、そしてクライアントがボタンをクリックするだけで機能を確実に利用できるということです。 それが私たちと私たちのクライアントにとって、最も価値のあることです」。

最後に、クラウド・インフラストラクチャーにより、SimCorp社のチームは引き続き成長の機会を活用することができています。 「それは私たちに成長への信頼と成長することの快適さの両方を与えてくれます」と、de Maré氏は語ります。

「これは始まりに過ぎません。 新しいクライアントからの市場は依然として成長していますし、オンプレミスのソフトウェアからクラウドの世界に移行したいと考えている既存のクライアントからも多くの関心が寄せられています。」

de Maré氏は、「SimCorpDimension as a Serviceは、現時点で最も急速に成長している製品です。 そして、私たちはそれが止まるとは思っていません」。