メインコンテンツにスキップ

アメリカCity Furniture社

Kyndrylで暴風雨からの避難場所を見つける


1970年代に設立されたCity Furniture社は、フロリダで屈指の家庭用家具小売業者の1つです。City Furniture社は、あらゆるテイスト、ライフスタイル、予算に合った商品を提供しています。そして、同社のキャッチコピーは、お客様に「だれもがこんな風に暮らせる」ことを約束します。同社は、タマラック(フロリダ市)を拠点に、1,800人の従業員を擁し、小売店を29店舗、2つの配送センター、Eコマースのサイトを運営しています。環境に配慮したビジネスを展開するCity Furniture社は、配送トラックの燃料に圧縮天然ガスを使用し、年間何百万ポンドもの廃棄物をリサイクルし、2018年にはSustainable Furnishings Councilで最高得点を獲得しています

お客様課題

ハリケーンの被害を受けやすい南フロリダに複数の店舗を構えるCity Furniture社は、ハリケーンの影響なくビジネスに不可欠なコンピューターを稼働させるために、実績のあるソリューションを必要としていました。さらに、ミッションクリティカルなx86環境のために、スケーラブルなマネージド・クラウド・オプションを必要としていました

ソリューション

City Furniture は、クラウドに移行することで、ビジネスに不可欠なコンピューター運用と重要な顧客データのハリケーン被害からの確実な保護を実現しました。さらに、この移行により、要求に応じてコンピューティング能力を拡張したり、クラウド基盤のアプリケーションやコグニティブ機能を追加するためのプラットフォームを作成したりすることもできるようになりました

結果

ビジネスの成長をサポートKyndryl™(旧IBMインフラストラクチャー・サービス)との40年にわたるパートナーシップにおける、直近 のコラボレーションによります

スケーラブルなコンピューティング機能オンデマンドで提供することでピーク時の容量を増加

24時間体制のサポートを提供複数のIBM Cloudのロケーションにおいて、ネットワーク・モニターとバックアップを行います

暴風雨警報

時速150マイルの風が吹き荒れています。水の壁が車を浜辺のおもちゃのように放り投げています。何百万もの家や会社が暗闇に包まれます。自然界では、ハリケーンの大気エネルギーやサイクロンの惨劇ほど破壊力があるものは他にはありません

大西洋とメキシコ湾に突き出た1350マイルの海岸線を持つフロリダ半島ほど、ハリケーンの被害が多い場所は米国内では他にありません。1851年以来、キーウェストとペンサコーラの間に100以上のハリケーンが上陸しています。今後、気候変動と海面上昇に伴い、ハリケーンの被害がさらに大きくなる可能性があります

ハリケーンによる停電やヒヤリハットが相次ぎ、City Furniture社は南フロリダの事業所にハリケーンがもたらすリスクを許容できなくなりました。フロリダ最大の小売業者の1つであるCity Furniture社は、独自のオンプレミスのコンピューティング・システムを実行し、重要な顧客データをローカル・データセンターに保存していました。IT管理チームは、天候の脅威に関係なく、重要なデータをバックアップし、ネットワークのレジリエンシーをサポートするために、実績あるソリューションを探していました

同時に、City Furniture社は別の機会を認識していました。もし、より信頼性の高い新しいコンピューティング・プラットフォームに移行することで、販売イベントや季節需要時に、より大きなワークロードを処理する能力を備えた、より柔軟な運用が可能になるとしたら?「

Kyndryl(旧IBMインフラストラクチャー・サービス)は、40年以上にわたって当社のパートナーであり、クラウド・ジャーニーに出発するのにこれ以上最適なパートナーは考えられませんでした」と、City Furniture社の技術部門代表のChad Simpson氏は語ります。

「彼らはエンタープライズを理解し、ビジネスデータの活用を理解しているので、成功するのに必要なことは何でもやってくれると確信していました。」

高台への移動

City Furniture社は、ネットワークの信頼性と回復力をサポートするため、Kyndrylのクラウド・マイグレーション・サービスを利用してIBM Cloud©に移行しました。また、この移行により、クラウドベースのアプリケーションとコグニティブ・コンピューティング向けのアジャイルなプラットフォームが構築され、より優れた顧客サービスを提供できるようになりました。

City Furniture社は、Kyndrylと提携して、ハイブリッド・レガシー・システムの運用をクラウドに移行しました。ハリケーンの影響を受ける可能性のある地域からサーバーを物理的に移動させることで、City Furniture社は、ビジネスを継続するためのコンピューティング・インフラストラクチャーの回復力を確保しました。この新しいレベルの回復力には、データ保護の強化、情報リスクの軽減、クラウド・バックアップ・サービスによる重要情報へのアクセスの確保が含まれていました

データベースをクラウドに移行した後、City Furniture社はKyndrylと協力して小売環境向けのクラウドベースのアプリケーションを作成することで、さらなる相乗効果を実現しました。

「ビジネスに不可欠なデータとサーバーを、米国内の地理的に離れた4つのデータセンターに移したことで、当社のチームは保守やハードウェアの管理よりも、イノベーションに集中できるようになりました」とSimpson氏は言います。「それこそが、企業全体でイノベーションを起こすために、より多くの時間と労力を集中させたいところです。

次のイノベーションに向けて

City Furniture社は、IBM Cloudへの移行が完了し、ハリケーンの影響を受けるフロリダ州以外の複数の拠点にネットワーク資産を分散させることで、安心して業務を運用することができます。Kyndrylは、高可用性障害回復(HADR)機能や24時間体制のシステム監視を含む、クラウド・コンピューティングの運用を一元的に担当しています

クラウド・コンピューティングは、他のビジネス上のメリットをもたらしました。ワークロードに応じてシステムを拡張・縮小することができるため、City Furniture社は必要なコンピューティング能力に対してのみ費用を支払うことになります

運用データと顧客データをクラウドに移行したCity Furniture社は、これらの情報をよりよく活用するために顧客により良いサービスを提供するAI機能を含むデータとアナリティクスを展開するなど、いくつかの新しいプロジェクトを開始しています。

「社長によると、私たちはもはや家具の会社ではありません。私たちは、家具を販売するテクノロジー企業です」と、Chad Simpson氏は話します。「これをなし得る唯一の方法は、イノベーションを継続すること、そしてクラウド、コグニティブ、データ、分析を初めとするテクノロジーを活用することです。私たちは常に前進し競争力の強化を図っており、これを実現しています。」