メインコンテンツにスキップ

Blue NAP Americas社

新しいクラウド・インフラストラクチャーが、Tier IVデータセンターの最大の収益推進要因に

Blue NAP Americas社は、2016年に設立された、キュラソーのウィレムスタッドを拠点とする、マルチテナントで、キャリア・ニュートラルなTier-IV認定のデータセンターです。 同社は、カリブ海地域向けのネットワーク・アクセス・ポイント(NAP)としての機能を果たすとともに、コロケーション、プライベート・クラウド、事業継続、マネージド・サービスなどのデータセンター・ソリューションのポートフォリオを提供しています。Blue NAP Americas 社は、国際市場と地域市場の両方にサービスを提供しています。

お客様課題

自社のデータセンター・オファリングを拡張してクラウド・サービスを含めるためには、Blue NAP Americas 社にはより高い安全性、拡張性、柔軟性を提供するクラウド・プラットフォームが必要でした。

ソリューション

Blue NAP Americas 社は、その Tier IV のデータセンターから顧客にクラウド・サービスを提供できる新しいクラウド・プラットフォームを必要としていました。 そのため、同社は、Kyndryl™ (旧称: IBM インフラストラクチャー・サービス) に、コンバージド・インフラストラクチャー・ソリューションである VersaStack を基にしたソリューションの設計、構成、デリバリーの支援を依頼しました。 この結果、クラウド・サービスは同社のポートフォリオのベスト・セラーとなりました。

結果

仮想マシンのデプロイに要する時間を 数日から数分に短縮

クラウドプラットフォームへの ハードウェアアップグレード中、顧客のダウンタイムが0%

企業の事業の最大40%を生成 するのは、新しいクラウド・コンバージド・インフラストラクチャー

クラウド・サービスへの移行

カリブ海に浮かぶオランダ領の島、キュラソーは、その澄み切った海、広大なビーチ、カラフルなヨーロッパ風の建築様式で知られています。 Blue NAP Americas 社がマルチテナントの Tier IV データセンターを設置するような場所には見えないかもしれません。 しかし、ベネズエラの北 90 マイル、ハリケーン・ベルトから 100 マイル離れた場所に位置するキュラソー島は、カリブ海地域のネットワーク・アクセス・ポイント (NAP) とデータ・ソリューションのハブとして理想的なのです。

Tier IV 認定を付与されているデータセンターはほんの一握りしかありません。 データセンターのTier標準をグローバルに設定する組織である Uptime Instituteによるこの指定は、最大レベルの冗長性を備え、単一障害点のないデータセンターにのみ与えられます。 Blue NAP Americas社はこの指定に全面的にコミットし、データセンターのお客様に対し、電源と冷却に関して最大100%のアップタイムを約束しています。

5年前に設立された同社は比較的若い企業ですが、その創立以来大きな目標を掲げてきました。 実際、同社は、主要な市場として国際的な大企業をターゲットとすることを最初の目標に掲げ、ある程度の成功を収めました。

しかし、その戦略的な位置がもたらす数々の長所が明らかになるにつれ、Blue NAP Americas 社はその重点を自国に近い企業にシフトしました。 その過程で、同社はどうすれば地域の顧客にその製品やサービスを最善の方法で提供できるのかを検討しました。 「われわれは程なく、地域市場の中小企業に対応するには、クラウド・サービスに投資する必要があることに気づきました。」

Blue NAP Americas社のCEOであるDanilo Zabala氏は述べています。

当時、同社の従来型のクラウド・プラットフォームには、顧客にクラウド・サービスを競合価格で提供するのに必要な最新で、堅固な機能を提供する能力がありませんでした。

そこで同社は、顧客が要求し、必要としていた Infrastructure as a Service (IaaS) オファリングを安全かつ確実にデプロイするプライベート・クラウド・インフラストラクチャーを構築することにしました。

「立ち上げて以来、[Kyndrylの] ソリューションに基づく私たちのクラウド・サービス・オファリングは期待をはるかに上回る成果を上げました。」

Blue NAP Americas 社, CEO

Danilo Zabala 氏

Kyndryl の地域的な関係を活用

いくつかの大規模なクラウド・プロバイダーを検討した結果、Blue NAP Americas社は、新しいクラウド・インフラストラクチャーの選択、開発、デリバリーの支援をKyndrylに依頼することにしました。 地域の多数の金融機関との

提携関係に大きな成功を収めていたこと、またそのソリューションの品質のよさに定評があったことで、Kyndrylは競合他社と一線を画していました。

「地域内の銀行の90%が[Kyndryl]のインフラストラクチャーに慣れ、かつ安心感を持っているといってもよいと思います」とZabala氏は述べています。 「私たちが新しいクラウド・プラットフォームを選択する上で、これが重要な鍵になりました。

なぜなら、そこには明らかに、[Kyndryl] が提供する品質の点で付加価値が存在するのと同時に、多くの銀行がこの優れた企業とともに作ってきた歴史があるからです。 このことで、私たちの意思決定が非常に容易になりました。」

Blue NAP Americas 社はまず Kyndryl と協力してクラウド・プラットフォームのオプションに関する評価を行いました。 最終的にチームは、迅速なデプロイメントと価値実現までの時間の短縮を目的として開発された、統合型コンバージド・インフラストラクチャーである、Kyndryl ネットワーク・サービス・ソリューション、VersaStack を選択しました。

物理インフラストラクチャー、仮想インフラストラクチャー、「as a service」の取り込みポイント間のネットワークと相互接続性の最適化により、企業全体でのクラウドの導入を促進できます。 このソリューションは、お客様の新しいクラウド環境の導入と運用をサポートし、実稼働と災害復旧の両方の目的に役立つのに加え、単一障害点を排除します。

Kyndryl チームは、設計、ソーシング、実装から Blue NAP Americas 社のスタッフのオンサイト・トレーニングに至るまで、プロジェクトをエンドツーエンドで管理しました。 「オンボーディングのあらゆる体験がとても快適でした」と Zabala 氏は述べています。 「弊社は、インフラストラクチャーだけでなく、専門的なサービスが含まれたターンキー・ソリューションを購入できました。 また、Kyndryl チームは、弊社のエンジニアがプラットフォームをセットアップ、操作、保守する方法を直接学ぶチャンスを提供してくれました。

Blue NAP Americas 社のチームが特に感銘を受けたのは、Kyndryl が提供する専門知識のレベルの高さでした。 この理由を Zabala 氏は次のように説明しています。「私たちは、[Kyndryl] のトップ・アーキテクトと連絡を取ることができました。 このアーキテクトはオンライン・トレーニングや技術面の協議に電話で参加したのに加えて、一度は飛行機に乗って弊社を訪れました。素晴らしい対応でした。」

Kyndryl チームが新しいクラウド・インフラストラクチャーを立ち上げ稼働させるのに、3 カ月もかかりませんでした。 Blue NAP Americas 社は、その後すぐにその投資の活用を開始することができました。

新しいオファリングがメリットをもたらす

新しいプラットフォームの立ち上げ以来、Blue NAP Americas 社では、クラウド・サービスが同社が提供する複数のオファリングのトップに躍り出ました。 最近実施された、同社のポートフォリオ (クラウド・サービスのほか、コロケーション、マネージド・サービス、オフィス・スペース/ビジネス・サービスが含まれます) のパフォーマンス分析では、クラウド・サービスが最も高い位置を占め、同社の全ビジネスの約 40% を生み出しています。

このプラットフォームには、その他のメリットもあります。 Zabala氏によると、仮想マシンを デプロイするのに必要な時間が数日から数分に短縮されました。 また、効率性が大幅に向上しました。 従来型の ネットワーキング・アプローチやレガシー・プラットフォームでは、多くの問題が継続的に発生して、変化に対応し、新しいテクノロジーや画期的なテクノロジーを活用するのが困難でした。 しかし、Kyndrylの新しい ソリューションの導入で、この旅は事実上問題なく行われました。

Kyndryl ネットワーク・サービスの支援を受けて新しいネットワーク環境を開発することで、Blue NAP 社は自社の IT 環境に柔軟性、自動化、高可用性、オープン・スタンダードを取り入れることができるようになりました。 Kyndryl と連携することにより、同社は最新のテクノロジーと将来ハイブリッド・クラウドを導入する際に必要となる基盤を構築できました。

現在、Kyndryl は、最近起きた次のような出来事が示す俊敏性と拡張性に対するニーズの高まりに対応するために、必要に応じてサポートを提供しています。 Blue NAP Americas社では、クラウド・プラットフォームへの顧客の移行が非常にうまく進んだため、メモリーが不足し始めました。 メモリーをアップグレードする間、お客様にダウンタイムは発生しませんでした。これは、以前のプラットフォームのハードウェア・アップグレード時にダウンタイムが発生したことを考えると大きな改善点です。

Blue NAP Americas社では、今後もKyndrylと連携してプラットフォームの調整を行う予定です。 「メモリー容量のアップグレードを行ったばかりですので、当面はこれで十分でしょう」と Zabala 氏は述べています。 「プラットフォームをさらに拡張する必要が出てきたら、また [Kyndryl] に声をかけることになるでしょう。」