メインコンテンツにスキップ

コニカミノルタとキンドリル、 スマートファクトリーや スマートシティ領域のDXを推進 社会課題の解決に向け、画像IoTやAIを活用

2022年6月10日

コニカミノルタ株式会社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長 兼 CEO:大幸 利充、以下「コニカミノルタ」)とキンドリルジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:上坂貴志、以下「キンドリル」)は、スマートファクトリーやスマートシティ領域において、DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進し社会課題を解決するための画像IoTソリューション事業で協業することを発表しました。

両社は、コニカミノルタの画像IoTプラットフォーム「FORXAI(フォーサイ)」を中核としたソリューションと、キンドリルが持つITインフラの構築から運用までを行う豊富な実績や技術力を生かし、企業や自治体に対して共同で提案活動やシステム構築を行います。

近年、様々な業種業態における製造現場で顕在化している設備保全、安全品質の向上といった課題に対し、画像IoT技術による見える化を通じた課題解決へのニーズが高まっています。しかし、画像や動画を利用するDXでは、システム内で大容量のデータのやりとりが必要となり、既に稼働しているITシステムに負荷をかけて停止させるリスクがありました。さらに、現場に導入された様々なカメラやデバイスが拠点や組織ごとに独立した仕組みで運用されて、一元的に管理されないことが、設備異常や情報共有の遅れ、さらには画像データを活用した迅速な意思決定や対応を阻む原因になっていました。

この度の協業により両社が提供するシステムは、様々なカメラやデバイスからの多くの画像・動画情報を一元管理し、これにAI処理を加えた情報を、各拠点や組織に共有します。現場(エッジ)サイドでの情報処理によってシステム内でやりとりするデータ量を抑えつつ、データ量に応じた最適なITインフラ環境を提供することで、既存システム停止リスクを低減することができます。これにより、製造業における生産性の向上や、設備保全、安全品質の向上といった課題解決に貢献します。

近い将来には、このスマートファクトリー領域で得られたノウハウを、自治体の防災面での安全な街づくりに活かすことで、スマートシティ領域におけるDX推進を目指します。

今回の協業では、コニカミノルタがオープンかつ共創型プラットフォームである「FORXAI」を中核としたエッジデバイス、Imaging AI、ビデオマネジメントシステム(以下 VMS)を提供し、キンドリルがこれらのソリューションを組み込んだITインフラの提供や、高品質かつ高度なシステム運用を行います。

コニカミノルタの画像IoT技術は、画像入力デバイスから得られる特殊な画像・動画の情報と、様々なセンサーデータを統合し、AI処理による高度な認識・判断をリアルタイムに現場(エッジ)サイドで実現するとともに、時系列・周辺データを分析することで、新たな高付加価値のデータサービスも提供できます。

また、キンドリルは、複雑かつミッションクリティカルな基幹系システムのアウトソーシングビジネスを30年以上行ってきた豊富な実績に加え、ハイブリッドクラウド・マルチクラウド環境への移行や運用管理を行うスキルや知見、IoTやAIといった先進的なデジタル基盤を支える技術力があり、安心、安全、安定の高度なシステム運用によりDXを支えるITインフラを提供します。

 

両社は、具体的な提案例として、以下のようなユースケースを想定しています。

<製造業向けユースケース>
◆画像による火災・労働災害防止:
サーマルカメラやセンサーを使った温度異常の検知、動体検知や骨格検知による危険エリアへの侵入通知、防爆カメラを利用した防爆エリアの監視など、カメラとVMSを利用して一元監視を実現するとともにダッシュボードを作成します。現場の異常をすぐに検知できることで、安全品質の向上と防止策の高度化を図ります。

◆設備保全のさらなる高度化:
カメラとVMSで映像を蓄積し、通常と異なる動作をAIで検知してアラートをあげます。生産設備の性能低下による不良品発生の防止や、故障の予知に活用することで、業務の効率化や生産性向上を図ります。
 

<自治体向けユースケース>
◆窓口業務の改善による住民サービスの向上:
混雑状況をリアルタイムで可視化して住民に公開し、サービスの向上を図ります。また、モニタリング機能を持たせることで、安全・安心なサービスの利用を支援します。さらに、窓口業務を行う職員の動線を分析し、職員の配置の最適化と業務効率化を図ります。

 

今後両社は、協業のシナジーを高めると同時に、自社の強みをさらに強化し、より良い価値をお客さまに提供することを目指していきます。