メインコンテンツにスキップ

キンドリルとマイクロソフト、 グローバル戦略パートナーシップを確立 業界を超えた デジタルトランスフォーメーションを加速

November 12, 2021

キンドリルとして最初の画期的な取り組みであるMicrosoft Cloudの活用

クラウドソリューションの構築やデプロイの新たな協働イノベーションラボと、

キンドリルが持つマイクロソフトに関する技術的な専門知識を迅速に拡大させるスキルのイニシアチブ

【ニューヨーク州ニューヨークとワシントン州レドモンド– 2021年11月12日】世界最大のITサービスプロバイダーであるキンドリルとマイクロソフト コーポレーションは本日、企業のお客様向けサービスにおいて市場をリードする両社のケイパビリティを組み合わせる画期的なグローバル戦略的パートナーシップ(以下 本件)を発表しました。本件は、キンドリルにとって上場会社になって初めての取り組みであり、両社にとって数十億ドル規模の収益をもたらすことが期待されています。

両社は協力してMicrosoft Cloud上に構築された最先端のソリューションを市場に投入し、ハイブリッドクラウドの採用の加速、アプリケーションやプロセスのモダナイズ、ミッションクリティカルなワークロードのサポート、お客様の業務のエクスペリエンスのさらなる向上を推進します

長期的なパートナーシップにより、すべての業界をまたがって市場を広げ、新たなお客様を開拓できるようになります。また、長期的なパートナーシップは、リーダーであるエンタープライズ・テクノロジー・イノベーターと強固な関係を構築することにキンドリルが注力しているというスピードとコミットメントを示しています。マイクロソフトはキンドリルの唯一のプレミア・グローバル・アライアンス・パートナーになり、キンドリルがリードする5,000億ドルのマネージドサービス市場にマイクロソフトのアクセスを拡大します。

 キンドリルの会長兼最高経営責任者のマーティン・シュローターは、次のように述べています。「独立した企業として、私たちはお客様の成功をご支援するためにパートナーエコシステムに投資しており、クラウド、データ、セキュリティ、インテリジェント・オートメーションといったあらゆる市場の機会を拡大することに注力しています。マイクロソフトとの画期的な関係において、キンドリルは、ミッションクリティカルなITシステムに関する深い専門知識と、Microsoft Cloudの利点を組み合わせ、世界中の“社会成長の生命線(The Heart of Progress)”を目指しています。

マイクロソフトの会長兼CEO(最高経営責任者)であるサティア・ナデラは、次のように述べています。 「DXの緊急性や重要性は、かつてないほど明らかになっています。キンドリルの唯一のプレミア・グローバル・アライアンス・パートナーとして、Microsoft Cloudの力で、多種多様な業界のお客様が将来のビジネスを管理、モダナイズすることを支援していきます。キンドリルと提携し、キンドリルのミッションクリティカルなITシステムに関する専門知識とそれに対する理解、および世界中の企業との信頼関係に基づいて共通のお客様にサービスを提供できるよう取り組みます。

両社は共に、データのモダナイゼーションとガバナンス、業界向けのAIによるイノベーション、サイバーセキュリティとレジリエンシー、ミッションクリティカルなワークロードのクラウドへの変革の分野で、お客様向けのソリューションを市場に投入します。 キンドリルは、複雑なハイブリッドIT環境に対してアドバイザリー、導入、およびマネージドサービスをリードしま

さらに、本件の中心となるのは、スキル向上を目的としたお客様およびプログラム向けの新しいソリューション構築に焦点を当てることです。Microsoft Cloud上に構築する新しいケイパビリティを迅速に開発し、市場に投入するために協働イノベーションラボが設立されます。マイクロソフトは、技術的な専門知識を強化、拡大するために、同社が提供する「Kyndryl University for Microsoft」を設立し、キンドリルの専門家たちのスキルをいち早く向上します。

以上

キンドリル(Kyndryl)について
キンドリル(NY証取:KD)は、世界中の企業が日々の業務で利用する、複雑かつミッションクリティカルな情報システムを設計、構築、管理するITインフラプロバイダーです。キンドリルは、世界で約9万人のプロフェッショナルを擁し、60カ国以上でフォーチュン100の75%に相当する企業を含む4,000社超のお客様にサービスを提供しています。詳細については、www.kyndryl.comをご覧ください。

Twitter: @kyndryl

マイクロソフトについて

マイクロソフト(ナスダック:MSFT)は、インテリジェントクラウド、インテリジェントエッジ時代のデジタルトランスフォーメーションを可能にします。「Empower every person and every organization on the planet to achieve more. (地球上のすべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるようにする)」を企業ミッションとしています。

Twitter: @microsoft

Cautionary Note Regarding Forward-Looking Statements

This press release contains “forward-looking statements” within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. Such forward-looking statements often contain words such as “will,” “anticipate,” “predict,” “project,” “plan,” “forecast,” “estimate,” “expect,” “intend,” “target,” “may,” “should,” “would,” “could” and other similar words or expressions or the negative thereof or other variations thereon. All statements, other than statements of historical fact, may be forward-looking statements. These statements do not guarantee future performance and speak only as of the date they are made, and the Company, Kyndryl, does not undertake to update its forward-looking statements. Actual outcomes or results may differ materially from those suggested by forward-looking statements as a result of risks and uncertainties which include, among others, the factors described in the “Risk Factors” section of the Company’s Information Statement included as Exhibit 99.1 to Amendment No. 1 to the Company’s Registration Statement on Form 10 filed with the Securities and Exchange Commission (the “SEC”) on October 12, 2021, as such factors may be updated from time to time in the Company’s periodic filings with the SEC.