メインコンテンツにスキップ

最高経営責任者マーティン・シュローター、重要なパートナー施策について

2021年11月19日

これはキンドリルにとって重要なスタートです。独立した企業として、私たちはお客様により多くの価値をお届けするために、とても大きなエコシステムに参加しています。そこには、クラウドのハイパースケーラーや主要なクラウドソフトウェア企業との協力も含まれます。マイクロソフトとのパートナーシップのニュースに続き、VMwareとのパートナーシップの拡大を発表しました。

VMwareは、キンドリルと同様に、新たに独立し、お客様が既存のアプリケーションをクラウドに導入するのを支援し、新たなクラウドネイティブのオファリングの提供を支援するリーダー企業です。

キンドリルは、クラウド、ネットワーク、エッジコンピューティング、セキュリティ、レジリエンシー・サービスといった主要分野において、業界をリードするスキルに投資し続けており、VMwareとの組み合わせは特に重要です。 キンドリルには、すでにVMware認定資格を持つ何千人もの優れた専門家がいます。

また、グローバル・クラウドやインフラストラクチャー運用のオペレーションズ・ケイパビリティーに関するSAP認定も取得しています。これにより、キンドリルのケイパビリティーとポートフォリオがさらに強化され、エンドツーエンドの自動化テクノロジーを使用して、クラウドやオンプレミスでSAPの運用を管理するためのより多くの共同の機会を得ることができるようになります。

これらの認定プログラムは重要です。しかし、これは、デジタル化へと進むお客様をご支援するだけでなく、その歩みの加速をお手伝いしていることでもあります。

私は、お客様と社員が、私たちが独立していること、私たちの将来に向けたビジョン、そして、テクノロジーイノベーターとともに築く私たちのモメンタムに意欲を高めていることに勇気づけられています。

その結果、お客様はオペレーションをさらに迅速に実行し、モダナイズし、変革して、企業全体の管理ができるようになり、分散環境で設計および構築された最高のテクノロジーとソリューションを活用して、安全かつ確実にそれを実現できます。これらは、今日、そして明日の組織にとって重要なニーズです。

そのためにキンドリルは生まれ、そして、お客様の成功と勝利をご支援していきます。